So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年09月| 2018年10月 |- ブログトップ

お休み中のきもち(小林春世) [ながれぼしのきもち]


こんばんは。小林春世です。

明石公演を終え、私たち、お休み中です。


残り3公演となりました。

一般公開は1公演だけ、残り2回は学校公演です。


まだ本番中なのに、1週間以上のお休みがあるというのは変な感じです。

昨日は会議があって私は西川さんと金ちゃんに会えたのですが、なんだか懐かしい気持ちになりました。

まだ終わっていないのに。


ここ数日、お店でアラポテを見るたびに森下さんを思い出して懐かしい気持ちになります。

まだ終わっていないのに。


大滝おまみとは、毎日かなりの時間LINEをしています。

別れを惜しむかのように。

まだ2か所3公演もあるのに。


科白は忘れていないだろうか、ダンスは踊れるだろうか、どきどき。

来週の学校公演、間違いなく新鮮な気持ちで演じることができそうです。


あ、私のながれぼしの思い出を書かないと!

先月のお休みに、舞台監督のけんさんと仲間たちで山の上にキャンプに行ったんです。

夜、本当にたくさんの星を見ました。

でも私にはながれぼしは見えませんでした。

……あれかな!日頃の行いかな!!!泣

野生の鹿の親子にも遭遇したんです。

動物大好き!

とても感動しました。


写真は明石のバラシが終了した瞬間の小道具部です。

ありがとうございました明石!の気持ちで(^^)


AAB1FC44-CA8E-40A3-A15F-935D680466B0.jpeg


2018-10-17 01:02  nice!(1)  コメント(0) 

流れ星の思い出  もも [ながれぼしのきもち]

うわぁ、すげぇ間をあけてしまった。

タブレット買い替えて、まだ使い慣れない「ももこ」こと 岡田さつきです。

現在、ながれぼしは子午線の街、明石で瞬いております。

所沢も明石も私はお初なのでワクワクと楽しんでおります。

明石にはおいしそうなお魚が並んだお店がいっぱい\(^-^)/。

もうちょっといたいなぁ。

さて、今回のお題は「流れ星の思い出」です。

初めて流れ星を見たのは、中1ーー習い事の帰りが遅くなった時。

ただでさえ夜が早く人通りのないニュータウンの空に

ふわぁっと現れ、下から上へーーー時間は1秒あったのかな?

もぉ、うわぁぁぁぁって顔面蒼白で走って帰りました。

頭では「あれが流れ星だ」ってわかっているのですが、

動きが人魂チックで、まさか下から上へ行くとは・・・。

びっくりで怖くて、そしてちょっと大人になったような。

帰って半泣きで母親に「流れ星みちゃったの!」と言ったら

「何泣いてるの?流れ星くらいで」と呆れられました(^^;。

それくらい、東京では流れ星はレアなのです。

年月は流れ、ある夜、私は家の前で

大好きな人とおしゃべりしてました。

その時、すぅーーーっと今までみた中で一番長い流れ星が流れました。

「みたっ?」「うん、最後の方ちょっと」

すごい長い流れ星だったんだよ?すごいながかったの!

あぁ、お願いことできたんじゃないかな?

え?なんでそんなにテンション低いの?

と、興奮しまくる私をおもしろい生き物を見るように眺めてる彼。

「ねぇ、すっごい流れ星を私とみたこと忘れないでね」

彼は素直に「うん」と言いましたが、忘れるんです、きっと。

でも、いいんです。彼とすっごい流れ星を見たことも

「忘れないでね」と言ったのも私がおぼえてるから。

忘れちゃってもいいんです。

そんな流れ星のようだった恋のお話ーーーー

でもね、深夜の公園で野生のたぬきを見た時にも

「ねぇ、たぬきを私と見たこと忘れないでね」と言って

どうせ忘れただろうと思って4年後くらいに

「あの公園で私とみたものおぼえてる?」と訊いたら

ちゃんと「たぬき」って答えたからすげぇ大好きだと思いました。


パパたこ来たよ\(^-^)/
IMG_20181011_132130.jpg


2018-10-11 13:30  nice!(0)  コメント(0) 

大劇場へのきもち(金城) [ながれぼしのきもち]

はいさい!こんにちは!

金城あさみです。

寒かったり暑かったりを繰り返して、少しずつ秋が深まってますね。サムガリータの私にはもはや冬に感じられる時があります。半袖の方の横でウルトラライトダウン着てます。

今日もウルトラライトダウンを着て、所沢公演に向けて荷積みをがんばりました。

18-10-04-21-44-30-279_deco.jpg

その前は、広い稽古場で、大劇場用に大きくなったセットを想定して稽古をしていました。

この、1度本番を迎えたあとの稽古というのが、すごい面白いなと思っています。

本番を経て、どんな風に変化したのかを前から観られる貴重な時間だからです。

「おおお、こんな風に変わったのかぁ…!」

と、お客様を前にして変わるお芝居に驚きます。

今回の稽古も、前から見ていてそんなところがいっぱいありました。

あるシーンは、2回目を見たお客様向けに工夫がされていたり。新しい動作をひとつ入れて、それだけで言葉の重みがグッと変わるようにしていたり。

100回の稽古より1回の本番という言葉を聞いたことがあるのですが、お客様が観て下さるということがどれだけ大きいことなのかを改めて感じました。

中野で観て下さいましたお客様、良ければ大劇場での『ながれぼしのきもち』もどうでしょうか。客席で見て下さってた方のおかげで、より深く耕されたり、変化したシーンがあります。まずは10月6日の所沢公演、いかがでしょう。


IMG_20181004_224040.jpg


劇場は航空公園駅から歩いて15分ほどの、とても綺麗な場所です。私はこの劇場の、どこか神秘的で、なんとなく異国の香りがするような雰囲気が好きです。


IMG_20180926_215101.jpg


中野のポケットとは違った『ながれぼしのきもち』が生まれる瞬間を、一緒に感じられたら幸せです( *´︶`*)

それでは、劇場でお待ちしております!

あ、4週目のブログテーマ忘れてました。
「ながれぼしの思い出」。
………無いんだよなぁ(おい)

見たことあります?流れ星。無いんですよ。
強いて言えば、この『ながれぼしのきもち』に出てくる潮鳴島のモデルになった、周防大島に行ったとき、ド深夜にふと思い立って夜の海に行ってみたのですが、その時見上げた空に一瞬、流れ星を見た気がしました。

「流れ星ってことにしよう」と思ったら気が済んで、真っ暗闇の道路を、虫の声を聴きながら歩いて旅館まで帰った思い出。

……もっと明るくてハッピーでロマンチックな思い出があったらいいのに!笑

でもいいんです、舞台上で、あれが見られるから!大劇場になった時にどうなるかを楽しみにしているんです私。素敵になるといいなぁ。



2018-10-04 22:41  nice!(1)  コメント(0) 

広い稽古場に移動。石川寛美

お久しぶりです。
今週末の所沢公演に向けて、広い稽古場に移ってお稽古してますっ。

広い、広い、こんなに広いのかい。

丸山荘、ボロくない、狭くない、素敵な旅館。ウキウキしてきました。

動きも大きくなって、気持ちも増大。伸び伸び~。

新生『ながれぼしのきもち』をお楽しみに。

さてさて、ブログ3週目のお題は「ながれぼし」。

ながれぼし、と言って思い出したのが、大好きな絵本「よるくま」。改めて読み返しましたが…。なんて素敵な絵本。秋の夜長に、ぜひ。

2018-10-03T08:09:14.jpg2018-10-03T08:09:14.jpg


2018-10-03 08:09  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog


2018年09月|2018年10月 |- ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]