So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

西川浩幸・島の思い出。 [ながれぼしのきもち]

こんにちは、西川浩幸です。
『ながれぼしのきもち』の稽古は二週間目になりました。
久しぶりの真柴あずきの新作は、彼女の故郷・山口県の瀬戸内海の島が舞台です。懐かしい空気が漂う一軒の旅館が出てきます。
西川は、『ティアーズライン』以来のお芝居の稽古です。七ヶ月余りの間、しっかり身体を動かしたりしていなかったので、身体は固くなるし、寄る年波で老眼は進むし、人と会話をしないから声も出なくなるし、一日一日年はとるし(それはみんな同じ)、…不安が募るばかりでした。
でも、みんなに会ったら元気になりました。

小林春世は食べ物への興味が旺盛。石川寛美さんの声は良く通る。岡田さつきは俄然マイペース。金城あさみは独特の世界観。大滝真実は見事にテンポがずれてる。関根将太は出ずっぱりなのに楽しそう。森下亮くんはニコニコしてる。真柴あずきは怖い…いやかわいい。

小さな座組なので、あっと言う間に全員が揃います。ひとりいないと妙にさみしくなります。昨日は、真柴さんが不在だったので、さっそくさみしくなりました。彼女の代わりに演出家席で見ていたのですが、ちょっと感想を述べるつもりが、なんだかきつくなってしまいました。
妙な空気にしてすみません。
真柴さーん、帰ってきて。
おじさん、ピンチ。

ダンス稽古の時に、自由に踊ってと言われたら、こうなりました。
BF20805B-EA45-4801-B45F-725B3E5BB24F.jpeg


2018-08-23 22:31  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]