So-net無料ブログ作成

また会う日まで 坂口理恵 [ヒトミ2014]

こんにちは。
ヒトミ初号機の坂口理恵です。


このご挨拶も、これで最後。

キャラメルボックス、
アコースティックシアター、ダブルフィーチャー
『ヒトミ』『あなたがここにいればよかったのに』
無事、終了しました。

劇場に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!
「今回は、行けないけど、本当に観たかった~!」
と、思ってくださった皆様、ありがとうございました。


バラシが終わって家に帰ったら、もう日付は変わっていました。
そこから飲み、午前2時を回り、爆睡し、現在に至ります。
私はね(笑)。



今日は、快晴。

まるで、何もなかったみたいに…。


スッキリと晴れ渡る空は、
日差しの色も心なしか暖か味をおび、
桜が咲く日も近いことを教えてくれます。

気象情報か……。



もう、春になりますね。


寒い夜、毛布に包まってセリフを覚えてた日々が嘘のようです。
大雪の中、震えながら稽古場に通った日々が嘘のようです。


思えば19年前、『ヒトミ』の初演をやったときも、
舞台の袖で震えていました。

上川君の手を掴み、二人で舞台からはけていきながら、
お客さんがこの物語をどう受け止めているのか、
どう思っているのか、
わからなくて怖くて、
手をつないだままガタガタと二人で震えていたのを覚えています。


我々はどこへ行くのか、どこへ向かっているのか、
何もわからずにただがむしゃらに、
走っていた時代でした。


もしかしたら全部夢だったかもしれないと思えるほど、
初演の19年という時間は、もう随分遠くに存在します。

まるで長い夢のようにも思えるのですが、
あの時間は確かに存在しました。


今でも私の体のどこかの細胞に残っています。
あの震えは確かにあったものでしたし、
あの時のお客さんの拍手は小沢君の手よりも、温かかった
……かもです(笑)。


そんな、確かに存在したものと、
私たちは、今でも共に生きているのでしょう。


19年前の私が、今を想像できなかったように、
この先を、今の私たちは想像できません。

もしかしたら腰が痛かったり、膝が痛かったりして
若い頃のように、ナイスフォームではないかもしれませんが、
それでも、がむしゃらに走っていけたらと思います。


どうぞ、これからも見守ってください。



『ヒトミ』チーム、初舞台・関根翔太の誕生日の日に。

2014-02-19 17.50.44 (1).jpg

photo by 加藤昌史

ダブルキャストの鈴木秀明がジャージなのが残念……でもないか(笑)。

じっきー、ヒトミ役、お疲れ様でした。
よく頑張った!

みんなもお疲れ様でした。
一週間後、『鍵泥棒のメソッド』の稽古が始まるよ(笑)。


またすぐお会いできます。
待っていてください。


それまで、どうかお元気で。


2014-03-24 10:18  nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。