So-net無料ブログ作成
検索選択
『風を継ぐ者』 ブログトップ

今度こそ もも [『風を継ぐ者』]

ども、昨日書いたのにうまく公開できない、ももこ、こと「岡田さつき」です。

昨日、長々と書いて疲れたので、今日は短めに(^^;)。

東京ー名古屋の移動日、私は朝6時半に新横浜の駅にいました。そう、あの地震の日。私は京都へ「ももことりっぷ」をするつもりだったのです。もちろん、新幹線は止まって、駅は混雑していましたが、チケットを変更してくれた兄ちゃんが、大変好みのタイプだったので、言われるままに停車中の「ひかり号」に乗り込みました。そして、乗車率120%な感じで2時間待って、4時間かけて京都へ行ったのです(昔、新幹線の売り子のバイトをしてた時、マネージャーが「ばかやろー!乗車率は俺達が決めるんだぁ!」と言っていました。なので私が決めました)。

なんで、この日に京都なの?というと、私、「ルーヴル美術館展」を東京で見逃しちゃったんです。京都でやってるんですよ、今。で、行くわけ。バカですねぇ~(^^;)。

しかし、行ってみるとすごい賑わってました。40分待ちの行列…。今日は名古屋で7時45分に待ち合わせの飲み会があるのに今、1時半!!頭の中でジャック・バウアーが叫びます「俺には時間がないんだぁぁ!」

したら、後ろの親子の会話が聞こえます。父・母・18くらいの娘さんーー

娘「たりぃ~。なんで、こんなのみんのぉ~?」

父「だってお前、ルーヴルやぞぉ。ワシは若い頃に見たけど、いいぞぉ~。ワシはアレも見たでぇ、ルーベンス!」

娘「るーべんすぅ~?」

父「アレや、パトラッシュが見た絵や!」

オトン、正確にはネロだろ?見たのは?---などと心でツッコンでる間に時間は過ぎました。ありがとう。

美術館を堪能した私は遅いランチを求め祇園へ。

雑誌に載ってたちりめんじゃこのお店のカフェで「お茶漬けセット」をいただきました。

090811_152948_M.jpg

雑誌には「ご飯のお替り自由」と書いてあったので、もちろん、お替りを堂々と頼みました。したら、「普段はやってないサービスなんですけど、どうぞ」と笑顔で持ってきてくれましたーーー。私の雑誌、2006年度版ーーー世の中は確実に動いているんですね(^^;)。

浦島太郎の気分を味わった私が次に目指したのは、あの方の「お墓」

何しろ、今回は新選組のお話ですからねぇ~~~~

「豊臣秀吉の墓」-----はぁぁぁぁぁあぁぁぁっぁあ~~~?

いやいや、風を継ぐのも3度目のワタクシ、そこらへんはあらかた行っちゃってるんですよねぇ(^^;)。で、ふと、思い出したですよ、秀ヤンを。不況の今こそ、庶民の星、秀ヤンでない?ってな感じで。「女太閤記」からの「ねね」贔屓の私は、高台寺に行ったことで満足してたのですが、そういえば、旦那の墓は知らないや、だったのです。

しかし……、有名観光地にならないはずです……(どこらへんで有名なのか定かではありませんが)道のりが…け、険しい…。果てしない(ように思える)坂道の先に頂上が見えない階段(本当に見えない)……。ジャック・バウアーに急かされる私にとって…剣岳です。

でも、来たんだから行くんです。行くって決めたから行くんです。「なんで?」と訊かれても「いや、行くって決めたんで」と、さらっと答えて行くんです。頂上があることはわかってるんだから、こんなに簡単なことはありません。通り過ぎる外人さんに根性ある大和撫子をみせつけるためにも辛い顔はしません。1歩1歩、休まず足を動かしていればゴールに着くんです。でも、途中で一枚ーーー。

090811_163138_M.jpg

ここから先、上に行くともう、入口の明かりがみえなくなります(ToT)。

ざっと552段ーーー下りてきたら、脚が笑ってます…。これは明日の仕込みで使いモノにならない、と、感じた私はネットで調べておいたスーパー銭湯へ行きましたーーー名古屋での待ち合わせ、遅れました(ToT)。

どこまでもバカですねぇ~(^^;)。

さて、そんなバカが大坂入りです。そんなバカは役者としてのお仕事はこの大阪が今年の仕事収めです。頑張るんじゃないですかね、気持ち的に(^^;)。

皆さんも残りの今年、頑張ってくださいね!ーー全然、短くなかったね…(^^;)。



先駆者!! [『風を継ぐ者』]

今回、宇部役を演じている客演の粟野史浩です!!

『風を継ぐ者』で新撰組を好きになった人、『風光る』で新撰組を好きになった人、是非お薦めしたい本を紹介します!!

その本の名は、藤沢周平さんの、『回天の門』です。知っている人もいるかも知れませんが、この本では、皆さんが好きな新撰組が誕生するきっかけを作った人物、゛清河八郎゛さんの生涯が描かれています!!
この人がいなければ、新撰組だけではなく、『風を継ぐ者』も『風光る』も生まれてなかったんです!!
もっと深くこの時代を知りたい人は是非、読んでみてください!!


この本番が始まる前の最後の休みの日に、゛清河八郎゛さんのお墓とその隣にいる奥さんの、゛お蓮゛さんのお墓に手を合わせてきました。八郎さん!!俺は新撰組に負けないからね!!応援よろしく!!
200906181532001.jpgimage.jpg



新居より  もも [『風を継ぐ者』]

マイ・バースデー前日にお引越ししました。ども、バカボンのパパと同級生になった「ももこ」こと岡田さつきです。

すごい引っ越しだった…。朝5時までバイトして、引っ越し屋さんが8時45分にやってきた時、まだ、テレビみながら荷造りしてたよ、この女…。本当はコードも全部、自分でやらなきゃいけないのにパソコンの分は引っ越し屋さんがやってくれました(^^;)。さらにキャラメル関係の本だけで本棚が一つ埋まるほど本持ちな私の荷物の重さに唖然としたのか、新居に着いたら引っ越し屋さんの人数が増えてました。

そんな訳で、稽古に励んでるのか、新居での荷ほどきに励んでるのかわからない私と誕生日の近い阿部丈二君のために稽古場ではケーキを用意してくれました。090608_202154.jpg

 おめでとう!私!おめでとう!ジョージ!ありがとう!みんな!

実は、今回お引越しするのは、去年9月に父が亡くなったため、少しでも実家に近いところに…ということでのお引越しなのです。

私はいつも、お手紙を頂いた方や差し入れをくださった方にはクリマスカードや年賀状をお送りしているのですが、今回はわたわたしていてお送りできなかったので、何か心配されている方もいるかと思いますが、そういうことで…。今は元気にこの通りでございます(このザマ?)。次にパパに会うことがあったら、楽しい土産話しができるように頑張りたいと思ってます!

そんな昨日は早速楽しかったです。

パンフ撮影は皆で横須賀沖の猿島というところでバーベキューをしながら撮るという斬新なものでした。アウトドア大好きな私は、前日、興奮して眠れず、借りてた韓国ドラマ「秋の童話」のDVDでも観るか…と、観はじめたら、だいたいラストは読めるけど我慢ができず、途中をすっとばしてラストの巻をみて、やっぱりかぁ~と号泣して……朝を迎えました…。しかも、最終回はほとんどダイジェスト版で、これだけみればいいじゃん!みたいなことになってて怒りすら感じながら出かけました。

アホです。徹夜の号泣もんで写真を撮られる41歳。

しかも、焼かせはじめたら止まらないアウトドアガール(ガール?)

そんな私に楽しい皆の写真が撮れる訳もなく、皆さんにお届けできるのはこの写真ーーー090609_111122.jpg

船の発着所の三笠公園の禁止事項の絵が私の心にとまったので

「トンビに餌をやること」

ってこの人、すごい悪そう。「うへへ~」って笑ってるみたいで、とにかく悪そう。

きっとトンビに餌をやることは、すごく悪いことなんだと、私の心に残ったのでした。

楽しい皆の写真はきっと次の人が載せてくれるんじゃないかな?

あれ?次、誰?---本当にこの女はーーーー

ちなみにこの女、帰ってからすぐ「秋の童話」を全部、観かえして、懲りずにまた号泣しながら怒ってました…。一生、こうなんでしょうね。

 

 



『風を継ぐ者』始動! (左東) [『風を継ぐ者』]

お久しぶりです。左東です。

6月になり、いよいよ『風を継ぐ者』の稽古が開始されました!!
昨日はまず自己紹介があって、成井さんから作品の説明があり、そして、読み合わせが行われました。

その読み合わせなのですが、新作のときと違ってある程度のイメージがあるせいか、みんなしょっぱなからエンジン全開です!
特に小多田の第一声にびっくりしたという、今回客演してくださる文学座の粟野さんはこちらもびっくりするほどトップギアに入れて読んでくださり、とても熱い読み合わせが行われました!

そして、読み合わせ終了後は恒例の親睦会です。
とりあえず、みんなが酔っ払う前に写真を撮りましたので載せておきます!

8年ぶりの再演で、メンバーもほぼ一新!
どんな芝居になるかはまだ始まったばかりで未知数ではありますが、新しい、熱い『風を継ぐ者』になるように稽古に励みたいと思います!

090602_202819_2.JPG


 



『風を継ぐ者』 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]