So-net無料ブログ作成
検索選択
君鼓動 ブログトップ

ちゅうにちじゃないよ!なかびだよ! もも [君鼓動]

昨日は、東京公演初の休演日だったのに朝から病院へ行って、掃除して、扉座を観に行って…ってちっとも休んでないぢゃん!ども、大学病院に行ったら、ちょっとタンの検査をしただけなのに8千円もとられ、日本の医療費制度を考えている、ももこ、こと、岡田さつきです。

これに1200円の薬代とタクシー代まで入れたら、約1万2千円!!!なんだよ?この領収書の132点って。オレはテスト受けに病院に行ったんじゃねぇぞ!点を足していった最後がなんで円に変わるんだよ?どんなレートだよ?くっそぉ~~~!ちょっと風邪の治りが悪いだけなのに…三回分の飲み代かよ…。三回だよ?(こだわりドコはソコかよ?)

 

そんな訳で、今回のツアーでは札幌でもお医者さんに行きました。

081031_111930_M.jpg

お馬さんもみたけどね。

神戸でも熱出してお医者さんにいきました。

081110_230925_M.jpg

こんな銅像も見たけどね…。つーか、そのカッコで風邪ひかない君が羨ましいよ。彼、次の日もこのスタイルだった…。

もぉね、全然タンがきれないの。うちのティッシュが次々となくなるの。高いのに。そんな風邪っぴきのまま、本日、中日でございました。「ちゅうにち」ぢゃないよ、なかびだよ(^^)。うなぎの日だよ。

ところがそんな日に携帯忘れたもんだから写真がないんだよ…

つ、ついてねぇ~~~~!!!!大丈夫か?私?今年はサンタさん、来ないんじゃないかと心配です…。

「ちゅうにち」と言えば、ドアラですよね。ドアラ好きの私は名古屋でドアラの新しい本を読みました。

ふざけてます。本当にふざけてる。写真も文も腹立たしいくらいふざけてます。

私のツボ押しまくり!!ホークスの本拠地、博多の屋台でラーメン食ってる写真なんか、スポーツ新聞の一面に載っててもいいくらいの衝撃です!「ドアラも学生コアラだったころーーー」ってな文章も「お前、今もコアラだろ?」みたいなツッコミドコ満載です。とにかくドアラの人はすごい!ポージングを熟知している。この顔で、この体で、どうしたら一番腹立たしいかよくわかってる。私も今度写真を撮られる時はドアラを見習おうと思いました(腹だたしくていいのか?)。あ~、好きだ~ドアラ…。

さて、風邪っぴきでも楽しく乗り切ったツアーも終わりました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。腰を据えての東京公演。

一昨日は毛穴エステにも行って、艶肌になって皆様をお待ちしています。

艶肌のはずです。八千円も出したんだから。確認しにきてください。とくに平日、より艶肌のはずです…。



モモことりっぷ IN 浜松  もも [君鼓動]

え?札幌じゃないの?浜松?なんで?と、?がいっぱいになったアナタ。

ぜひ、過去を遡って「モモことりっぷ1」からお読みください。

ども、とうとう憧れの「ポケモンジェット」に乗って札幌入りして、ご機嫌のももこ、こと、岡田さつきです。

いつも空港でポケモンジェットを見つけては「あっちに乗りたい!!」と駄々をこね、傍にいる人に

「ちがうとこ行っちゃうからダメですよ」と怒られていた私。今回は、機内もポケモンでいっぱいなので、

はしゃいで携帯で撮りまくってたらスッチーさんに怒られちゃった。てへっ。(てへ、じゃねーよ)

081028_144604_M.jpg

さて、夏も終わったかに思えた9月、私に「福岡へ行け」と司令が下りました。

「実は、『嵐になるまで待って』の福岡公演の仕込みは劇場のサイズが他とは違うこともあり大変になることが予想される。ついては装置部であれば、女子でも、猫でも借りたい。という訳で、猫好き女子のもも君、行ってくれ」---ということだった(意訳)。

私は、早速、バイトをキャンセルして福岡へ。ガンガン仕込んできた。

が、何故か、お客さんで来た元劇団員、私の部活仲間の青山さんの活躍が大きくとりあげられていた(活躍?)

しかし、それはどうでもいい。何故なら、私の真の目的は福岡から東京への飛行機代を現金でもらい、それを糧に浜松へ行くことだったからだ。

浜松にはあの方がいるーーー。お宝を手に入れたばかりの先輩、中村恵子さんだ!!

恵子さんは、私の泣き仲間だ。昔を思い出して泣くときは、いつも一緒だ。そこに遠藤さんと津田さんも居れば、そこは最高のお泣き場になる。お台場?いかねーよ、人ごみは嫌いだよ!

同期なんて3年くらいでいなくなっちゃった私は、生まれた時から一人です、の勢いでキャラメルにい続けてますが、恵子さんはよく「皆で飲みにいこうよ~」と誘ってくれました。恵子さんのいない、これからは、とっても淋しいけど、でも、おめでと~~というしかないですよ!だって母になったんですよ~~!

それも双子ちゃんの~~~!!!ちょ~うらやましいっす!ちょ~お宝っす!

双子の母に憧れて、3組くらい産むつもりで名前も考えてた高校時代の私…。

いや、それはさておき、お祝いに駆けつけなければ!です。

ところが…。私、浜松を甘くみてました。福岡から格安チケットを買って…なんて思っていたのですが、ないのです、そんなもの。名古屋まではあるけど、東京まではあるけど浜松はないんですっ!

結果、東京へ帰る飛行機代より高い値段で、時間もかけて浜松に行きました。

名古屋から新快速やらの普通を使って………大変なんだな、地方都市って。爆睡に次ぐ爆睡だった。

これからはアンケートで浜松とか、浜松みたいなとこ(どこ?)から来た人をみたら「ありがと」って呟こう、と思いました。

到着時間も遅いし、退院して10日もたっていない恵子さんのお宅に泊まるのは悪いので、その日は駅前のビジネスホテルをネットで予約。周囲の部屋は外人さんばっか。そっかぁ、確か、浜松は外人の労働者が多いとこだといわれているから、きっと、そのご家族とかなのね、と納得しつつ…ご家族だから、部屋の行き来が多くて…う…うるさい…。ご飯を食べにでかける。

これまた、外国料理の店の多いこと!でも、そこは「世界中のうまいもんが食える」と噂される東京に住んでる私ーーーーやっぱ、寿司だな。駅中の繁盛してそうなチェーン店に入ってみた。

私は回転寿司が苦手ーー私の衛生観念からはいただけないし、うちの近所には回転寿司より安くておいしいお寿司屋さんがあったから。上寿司を頼んで、あとはお好みで…というのがマイ・スタイル。

このお寿司屋さんもそういう店だった。良かったぁ~~。しかも、切り身が厚いわ、長いわ、大満足!

本当は「お好みのみ」の時間帯だったんだけど、おひとり様の女性のわがままをきいてくれる店でよかったわ(^^)。

080904_211520_M.jpg

そして、次の日。まずは父が「浜松城もみておいで」と言ったので浜松城へ。

父は、私のことりっぷぶりがお気に入りのようだったので、たくさん土産話しができるよう観光地も廻らねばなりません。しかし、浜松城、ほとんど残ってないんです。ビツクリ。

官軍が壊しちゃったりしてるんです。江戸城は無血開城といわれているのにね。でも、当時はそれが普通だったんでしょうね。無血開城こそが世界に誇れる新世界なんでしょうね。

そんなことを父にメールしつつ、やっぱ、食わなきゃーーーうなぎ。

駅の近くの「あつみ」というお店に行きました。開店してスグ。

1時間待ちだと言われました…。このお店、開店してすぐ午前中の予約でいっぱいになるような店だったのです。一応、予約を入れて、恵子さんのうちまでのバスの時間を確認して30分後に戻ったら、早く案内してもらえました。

080905_124245_M.jpg

う、うまい…。そう、昔、食べてた鰻ってこれよ!ってカンジ。

脂がのってればいいってモンじゃないのよ!日本の鰻は小さいの!ハシはカリカリな感じになるの!炭なの!それがいいのっ!

穴子だって、あ~たっ、エンピツって言われるくらいの大きさのがうまいのよ!。デカくて脂がのりすぎてるのは「大味」って言って、不味いの部類なんですよ。養殖だけど、この店、わかってるわぁ~。

感動のまま、ハイテクな感じのバスターミナルからバスに乗って、50分ーーーー50分ーーーー50分!

起点の駅から50分バスに乗るなんて感覚、高校の時以来です。

高校時代は「こんなとこに住んでたら大変だろうなぁ」とか思ってましたが、「こんなとこ」はいたるところにあるんですね…。いや、もちろん、多摩ニュータウンに住んでた時は駅まで歩いて30分でしたが、バスが5分おきに出てたし、父がタクシーの運転手だったので、流している父を捕まえたり、父の同僚にお世話になったりしていたので、不便を感じた記憶がありません。

いや、東京の自慢じゃないんです。東京にいると知らない感覚を味わえた感動なんです。

ここに住んでいる人は何を便利と思い、何を幸せと感じるんだろう。

そんなことを考える時、私はとっても幸せなんです。私の知らない幸せがいっぱいあって、安心するんですね。私の幸せの選択肢も増える訳じゃないですか!

そして、そして、バスの中でも恵子さんとメールのやりとりをしていたのですが、バス停を降りたら恵子さんのお母さんが迎えにきてくれてました(^^)。暑い中、ありがとうございました!

確かに以前お邪魔した時より、住宅開発が進んでいて、記憶だけでは辿り着けない感じでした。

産科医の不足って、今、ニュースになってますが、恵子さんの年齢での双子の帝王切開。

これ、6日で退院できるもんじゃないと思います。でも、皆、6日で退院なんですって。無理だって!

恵子さんは、まだ、本調子ではなかったけど、とてもとてももてなしてくれました。

でも、しっかりお母さんになってて…オレ、それだけで泣き入ります。

女は母になるのが早いんですよ、やっぱ、10ヵ月も腹に抱えていたからさ。多少のことじゃ動じないよ、ってな雰囲気が、すでに恵子さんから漂っていました(^^;)。お父ちゃんは、目の前にして初めて「父」が始まるんですよねぇ。いつか、双子ちゃんが大きくなった時、言いたいです。

キャラメルにいる中で一番最初に君たちに会ったのは私だよ、って。

東京へ帰るお金より高いお金で会いに行ったんだよーーーあ、これは言わなくていいや(^^;)。

私、赤ちゃんには「耳」が似合うと思うんです!「耳」好きです!似合ってうらやましい!

080905_150000_M.jpg

私の贈り物ーーー耳つきの服

おっきくな~れ!と願いつつ、帰りをあれこれ悩んでいた私。

「あ、ロマンスカー、使えるんじゃね?」ってことで、小田原まで新幹線の格安チケットを買って行ったら、ものすごく電車の接続がよくて、浜松から2時間40分後には家に着きました。

双子ちゃんに会えたのはいいけど、東京から行った方が早かったわけね………。

私のことりっぷって、いったい……??

なんだか?を残しながら、冬公演が始まります。まずは札幌の皆様、おまちしています!

そうそう、10月には私の大好きな漫画家さんで、札幌在住の遠藤淑子さんの漫画が一気に4冊も発売されました!全部持ってるのに「あとがきマンガ」が読みたくて文庫版まで買う私…。

でも、「狼には気をつけて 2」のあとがきマンガを読んで泣いたのは私だけではないと思います!

長い間の恋心が報われたようなこの感覚!ビバです!

今回は遠藤先生にご案内を出しそびれましたが、私、東京にいても、先生に会えなくても、いつも先生の漫画を待ってます!誰か一人だけでも信じてくれたら頑張れるんですよね?!私、一人です、その一人!

最近、近しい人を亡くしたので、何度も「心の家路」を読んで泣きました。祈りました。

北海道には大好きな漫画家さん、多いんです、本当。いがらし先生も吉村明美さんも。なんてビバなんだ、北海道!うにビバ!いくらビバ!そんなビバい私をみにきてくださいね!

 



君鼓動 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]