So-net無料ブログ作成
検索選択

初ランスルー!(きむられい)


お久しぶりです。
なんだか一年ぶりくらいにブログを書く気がします。
普段、文書を書く機会なんて中々ないので、いま何を書こうか全然思いつきません。
今回のお芝居には作家さんがたくさん出てきますが、凄いですよね。1日に原稿用紙何十枚って書いてるんですもの。気が遠くなります。想像もできません。


今日は初の1~7場、8~12場のランスルーをしました。まだシーンラストで誰がどこにハケるとか、小道具は誰が持って行くとか決まってなかったので止めながらの、でしたけど、ちゃんと通せました。

やっぱり繋げてみると見えてくるものがたくさんあって、自分の課題もわかってくるし、感情が繋がるから、やっぱりすごく盛り上がりました。

バレないように泣いてました。

だってさ、ここには書けないけど、ものすごくたくさんの愛が溢れてるんですよ。


「擁護する目線と、避難する視線とでは、いつだって後者の方が優位だ」

『スロウハイツの神様』の原作にこの言葉が出てきます。すごく心に残ってます。わたしもそう思います。

でも環とわたしが対立する場面で、ただまっすぐに全力で「好きだ」という気持ちをぶつけられたら、もう圧倒的敗北感を味わってしまいます。悔しいけど。むかつくけど。ちょっとすごいなって思います。ちょっと羨ましいです。


まだまだ稽古期間は半分ちょっとあります。
ここからどれだけパワーアップできるか、めちゃくちゃ楽しみです。だってまだ動き付けもしてないんですよ。大内さんも代役ですよ。それなのにこんなに泣いちゃうんだからさ、もうさ、すっごい事になっちゃうの、間違いないでしょ。


写真はランスルーが終わってすぐの樹里さん。
たくさん喋ってたくさん動いてます。
今回わたしめっちゃ絡みます。嬉しい。楽しい。負けない。

2017-06-13T22:17:15.jpeg


2017-06-13 22:17  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

夢みたいな日々(玉置玲央) [スロウハイツの神様]

今回出演させて頂く玉置玲央です。
柿喰う客という劇団から来ました。
以後お見知りおきを。

今日は本番中の大内厚雄兄さんが、休演日ということでスロウハイツの稽古に合流して下さいました。
我らがコウちゃんここにあり!って感じで、改めて気が引き締まった次第。

個人的な話をします。
僕が初めて観たキャラメルボックスが2002年の『アンフォゲッタブル』で、そこから高校の同級生である渡邊安理の影響もあって、足繁くキャラメルボックスに通ったわけです。
その時の大内さんの姿は今でも覚えていて、その方と今現在一緒に稽古をしているというのが、もう僕にとっては夢のような時間なわけですよ!
はっきり言って憧れの方!
そもそも、演劇青春時代をキャラメルボックス観て過ごした自分としては、今回出演させて頂いてるってのは感動モノ!

いやはや、頑張らざるをえない。

そんな、個人的には思い入れたっぷりのキャラメルボックスでの今公演『スロウハイツの神様』。
誠心誠意、取り組ませて頂きますので何卒、宜しくお願いします!

写真はそんな大内厚雄さんとゲスト仲間の森山栄治さん。
何やら綿密な打ち合わせ中です。
どこのどんなシーンなのか、お楽しみに!!
IMG_7964.JPG



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]