So-net無料ブログ作成

東京ラスト1ステージ(森)

役者blogをご覧の皆様、おはようございます。こんにちは。こんばんは。エビマヨ弁当を選んだら肝心のマヨがかかっていなかったもりめこと森めぐみです。くじ運悪いんだかある意味いいんだか(゚Д゚ )


『無伴奏ソナタ』5ステージが終了し、あっという間に東京公演は残すところあと1ステージとなりました。

連日たくさんのお客様にお越しいただき、心より御礼申し上げます。

この『無伴奏ソナタ』という作品。初演再演とお客様にも評判がよく、自分自身あの初演の初日の感動は忘れられないですし、劇団にとっても特別な作品だと思います。
だから、絶対に失敗してはいけないというなんだかすごいプレッシャーを勝手に感じていました。
本番が近づくにつれ、どんどん緊張していって。
劇場いりしてからの場当たりとゲネプロというリハーサルでは今だかつてない緊張でガッチガチでした。

本当にビックリするくらいガッチガチだったんです。

でも、初日、お客様の前に立った途端、すーっと緊張がとけていったんです。
普通、お客様を意識した方が緊張しそうなものなのですが、とても不思議な感覚でした。
というのも客席からのパワーがすごくあたたかく、あぁ、やっぱり演劇はお客様に観ていただいてはじめて形になるんだと実感しました。
特にこの作品は、それがすごく強く感じられると思います。


そして、カーテンコールでみえる皆さまの顔が忘れられません。
ご覧いただいた方はわかるかと思いますがあのラストシーンも、もちろんぐっとくるのですが、カーテンコールで多田さんが挨拶する時にわれんばかりの拍手が起きて、その瞬間すごく胸が熱くなります。
やっぱりクリスチャンは多田さんで、多田さんあっての『無伴奏ソナタ』なんだなって思いました。

この作品に出演できて本当に良かったなと思います。

これから色々な場所でのグリーティングが始まりますが、まずは明日のステージを精一杯生きたいと思います!!



写真は観に来てくれた元劇団員の毛塚陽介くん。
元気そうで良かった~(*^^*)



森めぐみ


2018-05-20 00:08  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]