So-net無料ブログ作成

ストリートミュージシャンだった頃の思い出(221)

皆さん、こんにちは!
筒井こと221です!

この度、3度目の上演にして初参加となりました「無伴奏ソナタ」。
初演・再演の時は、客席でのほほーんと楽しんでいるだけだったのですが、
今回、この演目にかかわってみて、やることの多さにビックリしています。
恥ずかしながら、2回も見ているはずなのに、こんなに盛りだくさんだったとは気付きませんでした。

今回も、白鳥のごとく、水面下では必死になりながらも、苦労をお客さんに悟られないように頑張ります(汗

さて、何やら今回はブログのテーマがあるそうです。
「わたしの思い出の1曲」
うーん…困った。
僕は、本当に音楽には縁遠い人間でした。
買ったCDも数えるほどしかないし、若い時に買ったアイポッドに、たくさんの曲を入れたのですが、
結局聞かずに埃をかぶらせてたし、今もiPhoneには曲なんて入ってないし…

あ!しかし、考えてみたらありました。
思い出の曲。
それは、僕が学生時代に流行った「モー娘。」でも「SPEED」でも、
かつて歌舞伎町にあったシアターアプルの上のコマ劇場で歌っていた「北島三郎」の歌でもありません。

「埴生の宿(はにゅうのやど)」です。歌ではなく

羽生結弦くんが泊まった宿の歌ではないです。

元題は「Home, Sweet Home」というタイトルで、1800年代に作られたオペラの楽曲。
日本では明治時代に中学校の唱歌として歌われたそうです。

僕はこの曲を「ビルマの竪琴」という映画を見て知りました。
当時3歳だったか4歳だった僕は、
この映画を見て大感動。
繰り返し繰り返し「ビルマの竪琴」のVHSを見て、とうとう「埴生の宿」を暗唱するまで覚えました。

実家の軒先で、ずーっと、
「はにゅーうのーやどーは、わーがーあやーあーどー」
と歌っていました。

そのため、いまだに実家の近所の人からは、「水島」というあだ名で呼ばれます。
※「ビルマの竪琴」の主人公の名前です。

生涯歌った回数では、おそらくいまだにナンバー1の楽曲だと思います。

ちなみにその後「銀河鉄道999」を見て大感動した僕は、
家の軒先で、麦わら帽子に風呂敷のマントを羽織り、水鉄砲のコスモガンを片手に持って、
「銀河鉄道999」のテーマ曲を歌っていました。

ちょっと、若い人にはわからないワードの多い文章になっちゃいましたが、
僕の数少ない、ストリートミュージシャンの思い出でした。

あ、そんなこんな書いているうちに、稽古の時間が迫ってきました。
今回、キャストも大幅に変わったので、過去2回の「無伴奏ソナタ」とはかなり違う雰囲気になりそうです。
皆さん、どうぞお楽しみに!

それでは、稽古に行ってきます!


2018-04-25 16:51  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]