So-net無料ブログ作成

さらばではない青春の光(坂口) [『ティアーズライン』]

どうもー!

観に来てくれた同年代に、「色んな勇気もらったわ~」と、言われ続けている坂口理恵です。……どういう意味ですかー?

さてさて、ベタなクリスマスソングが問答無用で降り注ぐこの季節、皆さま、いかがお過ごしですか?

私は毎日、劇場でメリークリスマスしています。今回、年末に明石公演があるのでウインターツアーと銘打っておりますが、がっつりキャラメル名物のクリスマス公演をしておりますです。

キャラメルボックスのクリスマス公演が始まったのは1988年の冬。新宿のシアターモリエールで上演された『不思議なクリスマスのつくりかた』が最初です。それ以降、毎年行われて何と今年で29年です。

ひょー!?もしかして、その頃生まれてないヤツもいるんじゃね?と思い、今回の出演者を若い順に、勝手なキャッチフレーズを付けて並べてみました。後に行けば行くほど年寄りです。……私もだよ!


たぶん一番若いのがこの二人。「修行中の子狸」石森美咲と、「理科室に置いてあるアレ」元木諒。1994年『ブリザード・ミュージック』再演の年に生まれました。……私、キャラメル入って5度目のクリスマス迎えてます。

その一個上。「仙台名菓萩の月のゆるキャラ」大滝真実、「演劇の巨人」山﨑雄也。1993年『キャンドルは燃えているか』上演の年に生まれました。……私、一応ヒロインやってました。

こやつも若いゼ。「黄色いフラミンゴ」山根翼1991年生まれ。『ブリザード・ミュージック』初演の年。……私、入団2年目の年でございます。

次が80年代生まれ。「タレ目の国から」森めぐみ、「白過ぎる恋人」多田直人。……80年代、私、旅回りの芝居やってました。

ここから先70年代生まれ。「少年の形をしたおっさん」畑中智行、「地獄の道化師」阿部丈二、「頭突きじゃなくてアゴで突け」三浦剛。……70年代、さすがに私も学生です。キャラメルボックスも、まだ存在しません。

最後に60年代生まれ。「片山さつき」坂口理恵、「眉毛の王子さま」西川浩幸、「ひょっこりひょうたん島」大森美紀子。……と、なります。


ふう。


劇団が年を重ねて厚みを増したのか?長くやってきて自然に年齢層に厚みが出たのか?ま、どっちでもいい。素敵だと思う。


……お、私はこの場に、あと何年いられるのだろうね?


あー、違いますよ!辞めないよ!何か、こうーね、幸せだから考えるんです。私は、いつか歳を取って、ここにいたことを振り返った時に確実に、「青春だった」と、思うだろうな~と。

だって、毎日あんなに汗をかいて、大きな声出して、ムダな努力もいっぱいして、格好悪くて、見っともなくて、上手くいかないことがいっぱいあって……。それでも皆で力を合わせて、喜んでもらえるものを作る努力をやめないでいる。それを日々頑張ってみる。たぶん、こんな要領悪くて不器用で未完成な時間を「青春」と呼ぶような気がするのです。

私がそれを終える日はいつか来ると思う。その日は、きっと自分で決めるだろう。スポーツ選手がそうであるように。青春とそうでない時間がやってくるのだろう。でも、それは今じゃない。きっと今じゃない。

今は、精一杯に体を起こし、腹の底から声を振り絞り、泣いたり笑ったりして、くたくたになって眠る。明日舞台でアイツはどんな顔をするのだろう?明日、私はどんな気持ちを抱くのだろう?あの人は明日も素敵だろうか?明日も舞台の上は美しいだろうか?

二十歳から芝居を始めて、舞台が私の場所だった。そこはいつも晴れていて、濃密で、美しく、残酷で、いつでも精一杯の呼吸をする場所だった。


頑張ろう。明日もそこにいられるように。汗をかき、大声を出し、若者にまぜてもらうとしよう。


劇場のロビーに飾ってあるツリーです。

皆さんが持って来てくれるオーナメント。チェックしてまっせ~♪


KIMG0879.JPG





2017-12-22 03:26  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]