So-net無料ブログ作成

劇団員がなかなか共演できない件に関して(坂口) [『ティアーズライン』]

こんにちは!
昨日は右の肩甲骨が痛くて、今日は右の腰が痛い坂口理恵です。
 
ダンスのせいなのか?
大量の衣裳を新宿から運んだせいなのか?
畑中くんを時々イジメたりしてる呪いか?
畑中くんや阿部丈二くんより全然大変じゃないのに、朝起きられない。
そんな本番2週間前の体になってきました。
でもね、先輩の大森さんや西川さんも頑張っているのです。
私ごときが「右側、死後硬直が始まった~」とか、言っていてはいかんのです。
 
今回、大森さんと久し振りの共演です。
ほんの一瞬だけ絡みがあります。
2015年の『BREATH』も一緒だったけど、セリフを交わすことはなかった。
だから今回とても嬉しいのです。
 
同じ劇団にいてさえも、なかなか共演できなかったりするんですよね。
公演が年に何本かあるから、劇団員がどれかに配置されるわけです。
本人の都合や、大人の事情や、虫の研究の為だったり。
若者も振り分けられ、中年者(ちっ!)もそれぞれに振り分けられるのです。
だから、まだセリフを交わしたことのない新人なんてのがいるし、
「何年か共演してない」人がいるんです。
 
私がまだお客さんだった頃、大森さんは既にヒロインをやっていました。
『銀河旋律』の、はるかさん。
『スケッチブック・ボイジャー』の、のはらさん。
入団して舞台袖から見ていた役もいっぱい。
『ナツヤスミ語辞典』のナナコ。
『サンタクロースが歌ってくれた』の、ゆきみ。
『広くてすてきな宇宙じゃないか』の、おばあちゃん。
『不思議なクリスマスのつくりかた』のチャーリー。
『ハックルベリーにさよならを』のカオルさん。
『ブリザード・ミュージック』のミハルさん。
 
やっと自分も新人として舞台に立てるようになって、舞台上の大森さんに会う。
客席で観ていたその太陽は、近づけばとても眩しくて、
そして驚くほど共演者に暖かだった。
 
ああ、こんな風に人を愛せたら、人に愛されたら。
こんな風に芝居を愛せたら、芝居に愛されたら。
でも、その太陽の光を浴びるたび、私は自分の影を思い知らされた。
ムリムリ無理~!
あの太陽に比べたら、私ちっぽけな塵。
あの太陽の周りを回る惑星にさえなれない宇宙のゴミ。
落ち込んだな。
あの太陽には落ち込まされたな~。
 
そんな私の、箸にも棒にも掛からぬ頃。
忘れられない小エピソードがある。
ある時、雑誌で糸井重里さんの記事を読んだ。
「宮沢りえさん(まだ10代)が部屋に入ってきた瞬間、風が吹いた」と。
私が「いいですよね。それぐらい才能があって華があって」とボヤいた。
大森さんは言った「私たちは、みんなで風を吹かすんだよぅ!」と。
……笑った。
私たちが10人束になっても宮沢りえには敵わないだろう!
でもね、この人は驚くほど柔らかにそれを信じた。
笑った笑った笑った。
 
大森さん、風は吹きましたね。
いっぱい吹いた。
今まで、たくさんの風を舞台から客席に、舞台から客席に。
一生懸命。
そして共に束になってくれる劇団員も増えた。
なかなか共演できない人がいるくらい。
なかなかセリフを交わすことができない人がいるくらい。
でも、きっと気持ちは共にあるのだと信じよう。
私も柔らかにそれを信じられる歳になりました。
 
「最近キャラメル行っても、知らない子ばっかりなんだよね~」
と、嘆くお友達がいたら伝えて欲しい。
大森美紀子はここにいると。
大事なことだからもう一度書こう。
大森美紀子はここにいる。
あの頃の太陽のままだと。
だから私は嬉しいのだ。
悪いが、全力で立ち向かわせていただく。
カクゴ!
 
写真、大森先輩の台本です。
「克子」に〇がしてありますね。
克子という役なのですね。
KIMG0864.JPG
お……この……絵は……?
たぶん、大切なメモなんでしょうね。
大先輩ですもの落書きじゃないですよ。
ああ、他にもありました。
KIMG0863.JPG
描いてます描いてます。
「オバケのQ太郎」というヤツです。
きっと、大切な事なんです。
大森美紀子大先輩ですもの。
お芝居に出てくるのかも!?
ぜひ、劇場に確かめに来てください!

 


2017-12-02 02:30  nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]