So-net無料ブログ作成
検索選択

「鍵泥棒のメソッド」に対して思うこと。【畑中】 [『鍵泥棒のメソッド』]

おはこんばんにちは!畑中です。

3月2日、東京で開幕した「鍵泥棒のメソッド」 再演。

先日20日に大阪で大千秋楽を迎えました。

昨年末の「ゴールデンスランバー」 に続き、今回も多くの方に劇場に足を運んでいただき感謝しています。

皆さんの心に残る作品になっていたら嬉しいですし、演劇の力、楽しさが伝わっていたら幸いです。

実は今回の再演の話をいただいたとき、出演するかどうか迷いました。

とても好きな作品でしたが、初演でやれることはやったし、後輩の役者にチャンスを与えた方が良いのではないかと思っていました。

主演が同じ役者だと初演と印象が変わらず、面白いものになるのか不安を感じていました。

そんな時、岡田達也さんから連絡が来ました。

「俺がコンドウ役をやるから一緒にやろう。大きな花火を打ち上げようぜ」と言ってくれました。

この作品に対して、尋常じゃないモチベーションを持った人がいる。

細かいことは気にしないで、モチベーションの人と仕事がしたい。達也さんには本当に感謝しています。

そのあと、今回の参加キャストを聞いて、初演も越えられる面白い作品になると思いました。

そして、何よりも頑張ろうと思ったのが、新人抜擢ステージで同じ「桜井」役を演じる新人の山崎に良い刺激を与えることでした。一生懸命やるのは当たり前だとして、それ以上のパフォーマンスをしてほしいと思いました。

稽古場でも本番でも 、若い役者よりもガムシャラに精一杯演じることで、役者は常に精神的に崖っぷちに立ち、そこでニコニコ演じなければならないことを伝えたかった。

自分にどこまでできたかわかりませんが、山崎も、「香苗」役で抜擢された大滝も、想像以上の結果を出してくれました。初舞台の竹鼻、山根も頑張った。

キャラメルボックスは若い芝居をする劇団なので、若い役者には全力で前を走ってほしいのです。それを見て、僕たちも良い刺激をもらい、与えられると思います。

そして、ゲストの石橋徹郎さん、久保田秀敏くんにはとても感謝しています。

二人のおかげで新しい「鍵泥棒のメソッド」になりました。

今後もよろしくお願いします。

今回、本当に参加出来てよかった。

夏公演「スロウハイツの神様」も、ぜひご期待くださいね! 

kagi1.JPG

 


2017-03-23 00:28  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。