So-net無料ブログ作成
検索選択

『鍵泥棒のメソッド』 岡田達也 [『鍵泥棒のメソッド』]


ども、岡田達也です。


この役者ブログ
いつも新人くんたちが書く順番を決めているのだが……

今回は
『誕生日で決まる!2017年運の良い人ランキング』
だそうだ。
つまり、今年もっとも運の良い人間から書き始める、ということだ。

そして、今、こうして私が書いている。

ブワッハハハハハ
もう、地位も名誉もすべて手に入れたつもりだったが、今年、まだ何か手に入ってしまうのだろか?
自分が怖い。

寝言はさておき。


『鍵泥棒のメソッド』
稽古はガシガシ進んでいる。

今回は一部ダブルキャストでお届けする。
桜井を山崎が
香苗を大滝が
コンドウを石橋さんが
「新人抜擢ステージ」という名で演じる。
山崎と大滝はさておき。
石橋さんが新人であるはずがない。
稽古場で見てても、その芝居は練られており、色気とスケベゴコロの塊で、同じ役を演じる僕は目からウロコの連続だ。

そこで思う。
人間というのは、こうも違うのか?と。

今、オリジナルも新人抜擢キャストも同じ分量だけ稽古している。

人は同じセリフを与えられても解釈も表現も全く違う。
けっしてどちらが正解というわけではない。
生身の人間が、理解しようとし、表現しようとしたとき、個性が出る。
それはひたすらに「面白さ」に繋がる。


「畑中智行の脚の短さがたまらない!」
「実川さんに、あの声で叱ってほしい!」
「岡田達也がwhiteキャストじゃないから混乱しないで助かる!」
という方はオリジナルキャストを

「山崎雄也の身長が羨ましい。私も見下してほしい!」
「大滝さんってポヨヨンとしてて私と同じ人種だわ!」
「『無伴奏ソナタ』の石橋さん、大好きだ!」
という方は新人抜擢ステージを

どちらでもない方はどちらでも
ご覧になっていただければ幸いです。

劇場でお待ちしています。
(今日は稽古休みなので写真は無しです。ゴメンナサイ)


では、また。


2017-01-30 17:28  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]