So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

神戸公演、終了です!近藤




どうも、ブログ2周目が回ってきました、
近藤利紘です。


ブログの更新が、僕のせいで何日かの間止まってしまっていました。。

本当に、本当に、すみません!!




12/4(日)は、『ゴールデンスランバー』神戸公演の、千秋楽でした。


2014年の『ブリザード・ミュージック』で来て以来、僕は神戸の街とオリエンタル劇場が大好きになったのですが、今回は出演者としてこの舞台に立つことができ、そしてたくさんのお客様にお会いすることができて、すごく幸せな5日間を過ごさせていただきました。


ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

東京から神戸まで観に来てくださったお客様もいらっしゃったようで、とても嬉しく、感動しました。



東京公演も全力で走り抜けていきますので、
どうかよろしくお願いします!!



写真は、バラシが終わった後のオリエンタル劇場の舞台です。

バラシ後の舞台を見るのが、なんだか無性に好きなんです。




近藤 利紘

image1.JPG


2016-12-06 21:03  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

「ゴールデンスランバー」神戸初日よ!【畑中】 [『ゴールデンスランバー』]

この間、稽古が始まったと思ってたら、あっという間にやって来ました「ゴールデンスランバー」神戸初日ぃぃぃー!!

本日は朝9時半から、昨日の残りの場当たりをやり、そのあと、ゲネプロ(劇場での通し稽古)をやり、夜本番という過酷で過密なスケジュール。

もう、ほぼ本番2.5ステージ!

でも、やることがとにかく山ほどあるので、疲れたり悩んだりしてる暇は全くなし…。

あっという間に本番時間って感じでした。

でも、しっかり稽古ができたので、初日に大きなミスはなく、お客さんに芝居が届けられたかなと思ってます。

しっかり届いていたら
いいな。

原作の伊坂幸太郎さんの世界観とキャラメルボックスの世界観がよい化学反応になっていれば
いいな。

そして、今回の舞台で、初舞台を踏んだ役者が二人います!

今年入団した竹鼻優太と元木諒!

今回とても重要な役どころで登場しているのですが、二人とも思い切った芝居をしてくれるので実に頼もしい。

これから注目してもらえると嬉しいです。

神戸公演は12月4日まで、その後は東京へ。

みんなで力を合わせて、より良い芝居になるように頑張ります!
IMG_5421.JPG



明日神戸開幕!(坂口)

神戸からこんにちは。

仕込み2日目、もう縫い物したくない坂口理恵です。

そして今、うっかり美人・大滝真美より「衣裳の漂白に失敗しました!」との連絡を受け取って、新たなピンチを迎えました。

どうなる、明日の神戸初日!

 

さて、今回、息子への愛情とヒゲが濃い・左東広之くんがネットで調べて決めてくれた、このブログの順番。

「もし、あなたが暗殺者だったら!」

ランキングの低い順、暗殺者に向いてない順にスタートしたわけです。 

トップバッターが今回『ゴールデンスランバー』の主役・青柳雅春を演じる畑中智行。

出来レースかと思うような1人目!

「心優しき男の逃亡劇」の逃げる側だものね。

畑中くん自身、ただの缶コーヒー好きな平和主義者なので、暗殺者には不向きです。

野良猫と日向ぼっこでもしていてもらいたいところです。

そして昨日、回りまわってブログを更新したのが、お前のものは俺のもの・岡田達也。

感慨深いものがあります。 

日頃、後輩達に「人殺し以外は何でもやった」と豪語している彼ですが、やっぱりやっていたいたんじゃないのかと思わせるレース展開になっています。

これが偶然なのが恐ろしい! 

 

 そして、これが順位の結果である。

 

KIMG0341.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……ほう。

この座組では、私が最も暗殺者に向いていることになる。

まあ、遠くはないですよ左東くん。

もちろん17位の私など、まだこれでも若輩物だ。

たぶん一桁台には冴羽獠や、上川隆也や、デューク東郷ことゴルゴ13といった、大物かつ大御所的先輩方がエントリーされていると推測される。

 左東くん、わかっていると思うが、これ以上の詮索は命に関わるから、やめておいた方がいい。

君にも守るべき家族が出来たのだから。

 言う通りにしないと、君の記憶を漂白しちゃうよ。

 

『ゴールデンスランバー』らしい展開になってきた。

 

今回は首相暗殺犯に仕立て上げられた男の、スリルとサスペンスに満ち溢れた逃亡劇という触れ込み。

例によって、スリルもサスペンスも全て人力で舞台上に出現させなければならない。

全力で逃げ回る畑中くんに、全員で刺激を与え続ける。

それは登場人物としてだったり、ある役割だったり。

それが、主人公とお客さんを巻き込めるエネルギーになれるように頑張るしかないわけだから、それが苦しい。 

何でこんなに汗かいてるんだとか、何でこんなに息が上がるんだとか、何でこんなテンポで全てこなさなきゃなんないんだとか、 大変なことはいっぱいある。

でも、たぶんやらなきゃいけないことや、理想は、その大変の先にしかないのだから、「大変だー!」とか「何でこんなにー!」とかブーブー言いながらも、きっと我々はやるんだろうね。

負荷がかかった方が、 大きな物が生まれる。

それは何だか美しい。 

 今まで、舞台上や舞台袖で、たくさんそれを目撃してきた。

 そんなこんなで、今年のクリスマス公演も、マニアックに楽しみにしているのです。

 

畑中くん頑張れー!

みんな頑張れー!

お前も頑張れー!

まずは漂白失敗問題から解決しようと思います。 

 

 


2016-11-29 09:49  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ゲストの二人に訊いたゲストのお話(岡田達也) [『ゴールデンスランバー』]

 
ども、岡田達也です。
 
『ゴールデンスランバー』
稽古の全日程が終了しました。

さて。
今回はゲストに山崎彬くんと一色洋平くんを迎えての上演です。
偉そうな言い方になりますが、二人とも真摯に、真剣に、作品とも役とも向き合ってくれています。
この二人に出演してもらえて本当に良かったです。

そこで今回はその二人に、わざと別々にインタビューしてみました。
ちなみに二人は谷賢一くんが主催する『DALL=COLORED POP』で共演経験があるそうです。

一色洋平編

~初めて彬くんと一緒に芝居をしたときの印象は?
「作品にとって異質な部分を担ってたんです。狂言回し的な役割りというか」
~他の舞台でもちょいちょいやってるよね?
「そうですね。で、そういうのがとても似合う人だな~と思いました」
~なるほど
「で、演劇で遊ぶのが上手な人だなと思いましたね」
~で、キャラメルボックスの稽古場で見る彬くんは洋平の目にはどう映る?
「人に寄り添うポジションというのがとても新鮮でしたね」
~今回は主人公の横で語り手を務めるわけだから、お客さんとの橋渡しでもある
「普段はエキセントリックにスパイスを与えることが多いですから(笑)」
~なるほど
「でも、今回は温かく人や物語を立ててる。それがとても新鮮な感覚で見えるんです」
~間もなく初日を迎えるけど彬くんに期待することは?
「偉そうな言い方になっちゃいますけど……。一番新鮮でいてほしいキーパーソンですね」
~ふんふん
「彬さんがこの事件の大きさを語るわけですし。他のみんなはそこに乗っかっていければいいかな、と」
~そうかもしれないね
「彬さんらしくオリエンタルやサンシャインで遊びながらかき回してほしいです」

山崎彬編

~初めて洋平と一緒に芝居をした時の印象は?
「谷くんの期待の裏返しだったんでしょうね。力いっぱい怒られてました」
~そうなんだ(笑)
「けっこうな怒られっぷりで。今の近藤くんみたいな」
~(爆笑)
「器用なんだけど、まだどこかに若さとか幼さが感じられましたね」
~そんな洋平とキャラメルボックスの稽古場で再会してみて印象は変わった?
「素直に良い役者だなと思いましたね。大人になったというか」
~そんなに違う?
「はい。なんかね、度量が広くなったように感じられたんです。俳優として頼もしくなったというか」
~それは素晴らしい
「それと『嵐になるまで待って』からの連投じゃないですか?だから集団に溶け込んでたのがうらやましかったです(笑)」
~間もなく初日を迎えるけど洋平に期待することは?
「こんなに長い期間一緒に作品を作るのは初めてなので、成長する姿を見ていたいですね。キルオとしても役者としても」
~まだ若いから吸収力は果てしないだろうし
「どう変化するのか楽しみです。良い意味で変わる姿を見られるのが楽しみです。それを一番近くで見られる自分は得だなと思います(笑)」


私にしては珍しく真面目なインタビューになってしまいました。
ま、二人の魅力が素直に伝わってきたのでこれはこれでよいかと。
語り尽くす山崎彬くんと、飛び跳ねる一色洋平くんにご期待下さい!
 
IMG_20161125_174149kopi.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『ゴールデンスランバー』
間もなく初日です。
劇場でお待ちしています!
 
では、また。 


2016-11-28 08:13  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

悪いけど、芝居させてください。(山崎彬) [『ゴールデンスランバー』]

終わった。


終わったよ。


終わってしまったよ。


何が終わってしまったかって言うと、全日程が終わってしまったのです。


何の全日程が終わってしまったかって言うと、稽古の全日程が終わってしまったのです。


何の稽古の全日程が終わってしまったかって言うと、そうです、もちろん、あれです。




せーの!!!!




キャラメルボックス クリスマスツアー2016『ゴールデンスランバー』!!!


の!!


稽古の全日程が終わってしまったのよ!!!


う、、、わーーーん!!!!!


どうも。
悪い芝居の山崎彬です。
名前だけでも覚えてってください。


今回、スーパーありがたいことにキャラメルボックスにゲストでお呼ばれしまして早ひと月。


稽古稽古稽古の日々。


ひと月前に開催された世界仮装大会の頃から稽古は始まり、ザクザクザクっと超速で進み、ついに本日、稽古納めとなりました。


どうも。
悪い芝居の山崎彬です。
名前だけでも覚えてってください。


僕とキャラメルボックスとの出会いは、漆黒の中高時代を終え遅れてきた青春を謳歌していた大学一年生のころだった。


演劇サークルの先輩から「チケットあるねんけど来るけ?」と誘われた15年前のクリスマスツアー『ブリザード・ミュージック』。


客席に届けられた風と、僕の席の横通路を通った西川さんの体温を鮮明に覚えている。


あれから15年、僕はキャラメルボックスの舞台に立たせていただけるわけで、おい青年、15年前の彬青年よ、お前立つぞ、と、キャラメルボックスの舞台に立つぞ、と教えたら浮かれるので教えないけど、遠くから聞こえない声で囁いてあげたい。その舞台の上にいた達也さん、坂口さんと今回共演もするんやぞ、と。


今回出演される劇団員さんとは実は別の作品で何度か共演していて、達也さん小多田くんは2回目、畑中さん安理ちゃんとは3回目ですし、同じゲストの洋平くんとは4回目になるけども、こうしてホームである劇団公演にはじめて出演させていただけて、僕も劇団をやっているってのもあって、たくさんの素敵な色々をもらっております。


僕は何より劇団というものが大好きで、そのなかでも劇団の特別なお客様である皆様がつくるキャラメルボックスの客席が好きで、観に行かせていただいたときなんか、カーテンコールなんかでは特に、キャラメルの客席を観て感動しています。


稽古を終えて、まだまだ足りないことはたくさんあるけれど、あの客席にいつもおられる皆さま方ですから、作品の仕上げのヒントをたくさんくださると確信してます。不安もあるけど期待の方が大きいです。楽しみです。


どうも。
悪い芝居の山崎彬です。
名前だけでも覚えてってください。


出演のみんな大好きですが、今回、畑中さん安理ちゃん小多田くんとは特別な間柄の役をいただきました。舞台の上で実際にこの四人で直接関わる場面は数シーンだけど、舞台の上には表れない時間や想いを感じてもらえたら、よりこの作品は強くなると思ってます。


つーわけで、稽古の終わりに先日、四人でお好み焼きとか焼きそばとかもんじゃとかたこ焼きを焼いたりしてきました。


image.jpeg
なに話したっけな。
もちろん芝居の話もしたとは思うのですが、あんま覚えてないや。


まあいいや。


こうやってすごした時間が、舞台の上では直接表れない栄養になって、花を咲かしてくれると思うよ。


劇場で会おうぜ!
悪い芝居の山崎彬でした!


ぷに。



いよいよいよいよ!(みずたに) [『ゴールデンスランバー』]

アクターズブログをご覧のみなさま!

ブログを書くのは実は初めてです、演出補のみずたにゆかりです☆

初めましての方もたくさんいらっしゃると思うので、ちょっぴり自己紹介を!(笑)

キャラメルボックス演出部の水谷友香梨です!
入団は1年目ですが、お仕事は去年からさせていただいています。
演出補というか、演出助手のお仕事がメインです!
似ているようで、ちょっと違うのですよ。ふふふ

本日は『ゴールデンスランバー』の第2回通し稽古でした!
しかも今日から広い稽古場で、衣装も着て!
役者のみなさんには大きな変化がたくさんあった1日でした。

スタイリストの花谷さんが選んでくださる衣装たちは本当に色も柄も面白くて、素敵なデザインのものばかり!
早くみなさんにお見せしたい!(笑)

そして、ツイッターの方にも書きましたが、昨日は加藤さんと共にとある撮影を行ってきました☆
そちらもいいものが撮れたので、劇場でのみなさんの反応が楽しみで今からうずうずしています(笑)

写真は衣装関連にしようかと思ったのですが、どうしても載せたかったこちらを!

image.jpeg
なんとも男前なコメントです(笑)

さて、明日は第3回目の通し稽古です。
がしがし頑張るぞーう!*\(^o^)/*



2回通しました!!大滝真実


やっとまわってきました!
入団2年目の大滝真実です!
暗殺者に割と向いている方だと知り、びっくりしています、大滝です。
いったい何殺を得意とするのだろう。


さて、いよいよ稽古も最終週に入りまして
今日から通し稽古に入ります!!

が、

昨日、すでにランスルーを2回しました!!

正確に言うと
前半のランスルーをし、後半のランスルーをし、そして全シーンのランスルーをしました。

つまり、2回ほど通したというわけです!!!!!


通してみると、シーンごとの稽古では得られなかった新しいものが見えたり
自分の気持ちの流れが明確になったり
全体の流れが見えてきたり
と色々発見があります。

主演の畑中さんはほぼシーン出ずっぱりなのですが、もの凄い汗の量で駆け回っていました。

1回通しただけでも大変なエネルギー量なのに
2回も通したわけですから相当消耗してたと思います。

それなのに稽古後、私個人の稽古に付き合って頂いて、沢山アドバイスして頂いて
素敵な先輩です。

畑中さんだけでなく今回、先輩方から沢山のアドバイスを貰っている私。
有難い環境です。

残りの稽古の1回1回を大切に
皆様に最高の舞台をお届けできるよう
がんばります!!!!!

写真は昨日畑中さんの汗で濡れた衣装を乾かしているの図。
あなたたちも畑中さんと共に最後まで頑張ってねっっっ



iPhoneから送信
iPhoneから送信

image1.JPG


2016-11-22 11:16  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

稽古休みの過ごし方(菅野) [『ゴールデンスランバー』]

皆さまお久しぶりです.
寒くなるとやってくる小さいおじさん事,菅野です.

本日は1週間に1度の稽古休みの日でした.
芝居を観に行ったり,体のメンテナンスをしたり,お休みの過ごし方は本当に人それぞれです.
斯く言う僕はと言いますと,なるべくフィールドに出る事にしています. 
人工的な物に囲まれていると息が詰まってしまうタイプなので,自然の中で気持ちをリセットして新たな週に向かう,というのがここのところの僕のリズムになっています.

という事で,11月とは思えない日差しの中,今日も自然観察会の講師として自然を満喫してきました!!
そしてせっかくの稽古休みなので,アクターズブログもいつもとガラッと雰囲気を変えてお届けしたいと思います.
今日の観察会で出会った鳥たちのご紹介で~す!!

…え?なんでそんな事するの,ですか?それは…,今日がお休みだったからで~す!!
お芝居のお話もちょっとだけ,お,や,す,み,です!
(注:稽古中の面白いエピソードが特に浮かばなかったからなどという事は…ほんのちょっとしかありません) 

hidori.JPG

という事で,早速!!

冬といえば,やっぱりカモですよねぇ~
この子達はヒドリガモのカップルで,手前の綺麗な方がオスです.冬になれば割りと簡単にあちこちで見る事が出来るカモです.
オスは頭の黄色がチャームポイントで,ピューン!とキュートな声で鳴きます.
頭の形も特徴的なので,慣れるとシルエットでも識別できるようになります.

okayoshi.JPG

 

 

 

 

このカモはオカヨシガモ.一見地味なのですが,この後でじわじわくる渋い色と模様が良くって,僕が1番好きなカモなんです.

写真だと見にくいのですが,お尻の部分が黒いのが特徴です.
観察会では,黒いパンツを履いたカモ,と覚えて頂いています.
因みに黄色いパンツを履いたカモ(コガモ)もいます. 

kosagi1.JPG

 

 

 

 

この子は僕のサインになっているコサギです.コサギと言っても子供のサギではなく,小さいサギという意味です.

コサギがいるので,当然ダイサギという鳥もいます.そして,チュウサギという鳥もいます.
まぁ,ここまでは良いんですが,チュウダイサギというふざけた名前のサギもして,しばしば命名した方に一言申し上げたい気分になります.

因みに,シラサギまたはシロサギという名前のサギはいません.

それなのに,クロサギという名前のサギはいます.
更に言うと,クロサギはその名の通り真っ黒なのですが,白色型というのも存在して,つまり真っ白なクロサギがいます.
も~,なんざんしょって感じです. 

さて,そのコサギ,普段はシュッとしているのですが,今日は虫の居所が悪かったらしく,途中,頭を逆立てて何かに抗議していました. 

kosagi2.JPG

その姿がこれ(笑)

でも,何がそんなに気に食わなかったのかは分かりませんでした.

kawasemi1.JPGkawasemi2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観察会で人気者なのはやっぱりカワセミです.

今日は長い時間見やすい所にいて,沢山サービスしてくれました.

何度も同じ場所を行き来してくれるので,このような飛び立つ姿もとらえる事が出来ます. 

nosuri.JPG



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一方の人気者は,ワシやタカなどの猛禽類.この子はノスリですが,今日はその他に,チョウゲンボウ,オオタカ,ミサゴ,トビが出てくれました \(^o^)/ 

 

hajiro.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反対に,観察会の講師泣かせなのが,カイツブリの仲間.直ぐに水の中に潜ってしまうので,
「あっ!あそこにいるのが……,いたのですが,今ちょうど潜ってしまって…,え~と…,あっ!出ました出ました!あっちに出たのが……,出たのですが,また潜ってしまいまして…」
などと,歯切れの悪い案内が続く事になります.

この2日酔いの朝のような真っ赤な目をしたの子はハジロカイツブリ.

kanmuri.JPG





そしてこのスラッとした子はカンムリカイツブリ.なかなか大層な名前ですよね(笑).

カイツブリの仲間は夏羽と冬羽で全然いでたちが違うので是非調べてみて下さい.
写真の2種は両方とも冬羽です.
夏羽を見たら,きっと,
うげ~!
って言いますよ(笑)  

hashiboso.JPG

 

 

最後に普通種も.

この子はハシボソガラス.カァーカァー鳴くハシブトガラスと違って,ガーガーと濁って鳴くので,声だけでも直ぐに区別が付きます.
もちろん,名前の通り,嘴もほっそりしています.

ハシブトガラスと違って,単独~数羽でいる事が多く, 酷い悪さもしないし,顔もかわいいので結構好きです.

カラスかぁ~などと言わず,観察してみると結構面白いですよ!おすすめします!

 

 

 

といった感じで,駆け足で本日の観察会の出演者諸君の一部をご紹介させて頂きました.
本日の総出演者は49種,まぁまぁの顔ぶれでした.
皆さんも興味があったら是非参加なさって下さいね~

明日からまたゴールデンスランバーの稽古頑張ります!!
(そして次回のブログ迄に稽古中の面白いエピソードをあたためておこう…)
劇場でお待ちしています!!


2016-11-21 02:39  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

お誕生日!(三浦)

アクターズブログをご覧の皆さんお久しぶりです、三浦剛です。

『ゴールデンスランバー』の稽古も3週目に入り、昨夜は稽古が早く進んだので頭から4シーンを通しました!

予想通りですが、主演の畑中さんは走りっぱなしの汗だく!

ゲストの山崎君との掛け合いも必見。

そしてもう1人のゲストの一色君のアクションシーンも今までのキャラメルにはない、面白いアクションになってますので、お楽しみに!

そんな稽古場で昨日誕生日を迎えた演出部の有坂!
今回は劇中の選曲を担当してくれてます。

これがまた良いんです!

稽古中「アリ、あの曲メッチャカッコいい!」と何度も言いました。

そんなバースデーを迎えた有坂の選曲もお楽しみに〜!!

アリ〜おめでとう♪

image1.JPG


2016-11-18 10:54  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

一色洋平、更新!!

このアクターズブログにまで足を踏み入れさせて頂くと、いよいよ自分も劇団員なんじゃないかという気が致します…

2016クリスマスツアー『ゴールデンスランバー』にて「キルオ」を演じさせて頂きます、一色洋平です!

今秋のグリーティングシアター『嵐になるまで待って』では「幸吉」を演じさせて頂きました。ゲストが二連続出演するのはキャラメルの31年という歴史の中でも初だそうです。

勿論、プレッシャーその他諸々は重々感じておりますが、それ以上になによりなにより、そういったもの達を追い風にしながら伸び伸びとクリスマスまで駆け抜けようと思っております。引き続き、どうぞよろしくお願い致します…!!



はてさて、本日の稽古はダンス稽古→殺陣稽古→12場、13場、1場、2場のシーンの稽古といった流れで進みました。

ほぼほぼ総動員でクライマックスへと展開させていく後半に比べて、前半は一役一役のバトンパスで繋がれ紡がれるような印象。

あと数日の稽古を積み重ねたら、いよいよ待ち受けるは通し稽古。どんな作品でもそうですが、開幕から終幕まで、通して観てみないと感じ得ない事は膨大です。

全員で「感じようとする事」がとても要になってくるように感じます。

自分の事で精一杯になりそうなところを時にグッとこらえ、なるだけ作品を俯瞰してみようとするエネルギーも同じだけ必要だと感じます。

そうして、この作品はどのようにしてお客様を楽しませられることかできるのか、その疾走感であったり体感リズムであったり、重要となってくるキーワードであったりシーン毎の雰囲気であったり、そしてなによりキャラクター同士の強い想いのバトンパスを、皆んなで感じて、皆んなで同じ方向へ向かって進む。


その座組みならではの共通言語であったり共通感覚(例えば、シーンの流れが凄く良い!と思える瞬間や感覚が同じであったりとか)、そういったものを稽古開始から千秋楽まで産み育てていき、またそれを楽しむことが、一作品に一員として関わるという事なのかなと最近は感じます。

人と人とが成す事なので、面倒な事が生じたりすることも時にありますが、それはもしかしたら、全て「豊かさ」と呼べるものなのかもしれませんね。

それにしても、産みの苦しみは大きいです。まだまだ続きそうですが、みんっっなで戦います。通し稽古を重ねていく内に、皆んなで喜べる機会が少しでも増えれば嬉しいな。

神戸公演、そして東京公演。
今年のキャラメルの締めくくり、どうかどうか楽しみにしていて下さいね…!!


写真は拳銃の打ち方を指導する三浦さんと、それを受ける竹鼻くん。

二枚目は、マジメに練習する元木くんと、それをよそにメチャメチャにはしゃぐメグミさんと石森みーちゃん。

1479302729551.jpg1479302735549.jpg


2016-11-16 22:30  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]